100均材料で夜用布ナプキンができました。

布ナプキンの作り方
記事内に広告が含まれています。

たいていのものなら何でも揃う100均。

手芸材料もいろいろあるため、100均素材で布ナプキンを作ってみたのが以下の記事です。

100均材料だけでうまく作れた布ナプキン
手ぬぐいやタオルなど100均の材料で作った布ナプキンの紹介です。全て作り方つき。作ってはみたものの、残念だった布ナプキンや素材も載せているので、失敗の予防にも役立ちます。

この記事を書く前に100均素材の布ナプキンを試した時は、まだダイソーさんではシャーリングタオルを取り扱っていませんでした。

綿素材のものは薄いタオルばかりで、おりものライナーくらいなら大丈夫だけど、多い日の日中にはむつかしいという結論になりました。

その後、ダイソーさんにシャーリングタオルが登場し、日中なら100均でも対応できるものが作れた!というのが、先ほどご紹介した記事です。

気に入ったものがいつの間にか消えていくことも多い100均。

シャーリングタオルもそのうちなくなるのかな?と思っていたのですが、今現在も取り扱っているので、100均材料で夜用を作って試してみました。

タオルのサイズから、30㎝という小さめの夜用で、どうなるかとヒヤヒヤしながら試しましたが

結果は、漏れもなく朝の交換までたどり着けました!

それでは、100均材料で夜用布ナプキンを作ろう!へどうぞ

スポンサーリンク

100均材料で作った夜用布ナプキンの紹介

今回作って試した布ナプキンは入浴後用2日分・就寝用2日分です。

100均素材なので、ホルダーには透湿防水布は入っていません。

そのため、入浴後すぐにつける布ナプキンと、就寝時につける布ナプキンを分けています。

私はだいたい、1・2日目か、2・3日目に経血が多いので2日分で足りましたが、1~3日目まで経血が多い場合は、もう1セットあると安心ですね。

入浴後から寝る前までに使った布ナプキン

今回、入浴後から寝る前までに使ったものは、シャーリングタオル+手拭いで作った[4重わのなぷ]に、ホルダーを使った残りで作った、オーバルタイプの布ナプキンを使いました。

入浴後は血行が良くなるためか、経血量が多くなるのは私だけでしょうか?

経血量にもよりますが、多い日のこの時間帯は、4重わのなぷでも2時間持たないことも十分ありえます。

そのため、オーバル型やパッドを挟むなど、補助と合わせて使うことをおすすめします。

1日分です

入浴後用に作ったもの
30㎝ホルダー2枚
4重わのなぷ2枚
オーバル型2枚

オーバル型布ナプキンって?

聞きなれないオーバル型布ナプキンとは、紙ナプキンではシンクロフィットという商品のように、膣口に当てて使う布ナプキンです。

シンクロフィットとの比較はこちらへ↓

オーバル型布ナプキンはシンクロフィットの代用にできる?
コンパクトでトイレにも流せるシンクロフィット。多い日の補助に心強い味方ですよね。トイレに流すことは代用できませんが、大きさや吸収力を布で代用できないか?オーバル型や使い捨て布ナプキンで試してみました。

オーバル型は簡単に作れます!

作り方や、使い方のコツはこちらへ↓

多い日の補助に オーバル型布ナプキンの作り方|使い方
多い日の漏れ予防や長時間交換できないときにおすすめの、膣口に当てて使う小さな布ナプキンの使い方と作り方のページです。市販の布ナプキンではほとんど見かけないので、手作りするか、古い布などを切って折りたたんでも代用できます。メリット、デメリットも。

就寝中に使った布ナプキン

1番メインの就寝用に使ったものは、私が普段使っているイオンのタオル布ナプキンと同じ作り方のものです。

いつもと違うのはタオルのサイズ。

イオンのものは縦が36㎝です。

ダイソーさんのシャーリングタオルは30㎝なので、目が覚めてゴロゴロしている時間が長いと、アウトになりそうなサイズです。

詳しくは記事後半の就寝用の作り方と使い方をご覧ください。

就寝用1日分です。

就寝用に作ったもの
30㎝ホルダー2枚
30㎝タオル布ナプキン4枚
スポンサーリンク

夜用布ナプキンに使った材料

シャーリングタオル6枚

  • 2枚で就寝用。
  • 残りの4枚でホルダー4枚分の吸収体
  • 4重わのなぷ2枚分の内側の生地
  • オーバル型小・2枚分の吸収体

手拭い4枚

  • ホルダー4枚分の肌側と下着側
  • 4重わのなぷ2枚分の外側の生地
  • オーバル型小・2枚分の表裏

スポンサーリンク

100均素材で夜用布ナプキンのヒント

透湿防水布が入っていない100均布ナプキンは、漏れに注意したいところです。

特に就寝用は長さが短めなので、経血がまとめて出ることが多い寝起きにお布団で長くまったりしていると、ドッと出てきて漏れる可能性もあります。

生理2日目などは、お布団でゆっくりしていたいところですが、できれば目が覚めた後は早めにお布団から出る方が安心です。

ホルダーを作るときのヒント

夜用のホルダー1枚には手拭いから切り取ったものを2枚、タオルから切り取ったものを1枚使います。

この方法でホルダー4枚分を裁断します。

タオルと手ぬぐいのサイズから、型紙は一体型30㎝を使っています。

手拭いは短い方の辺をホルダーの縦にして取っています。

フェイスタオルは長い方の辺の縦半分でホルダー1枚分になります。

ホルダーの作り方と型紙ダウンロードへのリンクはこちら↓

ホルダータイプの布ナプキンの作り方 
ホルダータイプの布ナプキンの作り方ページです。羽と本体は別々に裁断する方法と、羽と本体が1枚の型紙を使った方法をご紹介しています。羽と本体が別々のパターンは小さなハギレを羽に使ったり色柄を変えてみたり、一枚型タイプとは違った楽しみ方もできます。

ホルダーを作るときの注意点

布リフの布ナプキンは、ホルダーのテープが肌面にあるときに、タグが左側に来るようになっています。

普段、私は内側の布と外側の布は別の柄を使うので、向きを間違えることはほとんどありません。

ただ今回は、100均の手拭いだと同じ柄がたくさん欲しくても揃わないこともありえるため、表裏を同じ生地で作ったところ・・・

表と裏を見事に間違えてしまいました。

タグが右側にきています

この失敗を防ぐ方法は、中表に縫った後、表に返す時に、ホルダーのテープをタグが左側に来る面に持ってくることです。

そうすることで、表裏が同じ生地でも、間違えずに作ることができます。

残った生地で4重わのなぷとオーバル型を作ります。

4重わのなぷは内側にタオル、肌面に手拭いがくるように作ります。

作り方はこちら↓30㎝サイズで作っています。

4重で吸収力アップ[4重わのなぷ型]布ナプキンの作り方
[わのなぷタイプ]のプレーン布ナプキンを土台2重、あて布2重の計4重にして作る方法をご紹介します。吸収力は倍になる上に、[わのなぷ]なので、ちゃんと洗えてるかどうかも全面確認できる仕様です。ミシンを使うので、手縫いでブランケットステッチよりも、手早く作れるのも魅力です。

オーバル型の作り方はこちら↓

多い日の補助に オーバル型布ナプキンの作り方|使い方
多い日の漏れ予防や長時間交換できないときにおすすめの、膣口に当てて使う小さな布ナプキンの使い方と作り方のページです。市販の布ナプキンではほとんど見かけないので、手作りするか、古い布などを切って折りたたんでも代用できます。メリット、デメリットも。

オーバル型は、ホルダーを取ったあとの小さな生地から取っています。

写真のように、タオルから2枚、手拭いから2枚取ります。

タオル2枚を内側吸収体として、外側は手拭いにしました。

夜用タオルのみの布ナプキンの作り方

夜用はタオルを半分に切って端を処理しただけのものです。

使い方はこのようにしてセットして使います。

かなりもっこりな感じになるので、苦手な方もいるかもしれません。

ただ、経血が多く夜の漏れに悩んでいた時、この方法で解決しました。

100均素材で透湿防水布を使わず、心配だったので、ホルダーとショーツの間にパッドを挟んでいましたが、なくても大丈夫でした。

ホルダーの下にあるのはパットです。

作り方はこちらへ↓

フェイスタオルから1枚ものの布ナプキンを作る方法
フェイスタオルから布ナプキンを簡単に作る方法があれば、作ってみたいと思いませんか? このページでは、フェイスタオル1枚から2枚の布ナプキンを作る方法をお伝えします。 簡単さを極めると、夜用サイズで2枚使いになりますが、ご興味のある方はぜひお...

まとめ

100均材料で夜用を作ってみたは、いかがでしたか?

経血量によっては、透湿防水布があった方が安心なこともありますが、身近な素材で布ナプキンを試してみたい方には、おすすめの方法になります。

生理のことは個人差が多いため、試行錯誤が必要なこともあります。

そんな試行錯誤の中で、今回の記事がお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました